テレビアンテナの種類とは?地デジアンテナ工事の前に知っておこう

テレビアンテナのタメになる話

アンテナについて

作業員

基本の知識

テレビを見るためには、テレビを購入するだけでは見ることができません。テレビを見るためには、地上デジタル放送の電波を受信する必要があります。電波の受信を行うには地デジアンテナ工事を行い、テレビアンテナを設置する必要があるのです。

テレビは電波をキャッチしない

マンションに住んでいる方の場合、すでに地デジアンテナ工事がされていることが殆どでしょう。したがってアンテナ工事を行う必要はありませんが、テレビそのものに電波をキャッチするような機能は無いということを理解しておきましょう。

テレビを映す為には

アンテナは通常室外に設置するものです。室外で電波をキャッチし、ケーブルでテレビとアンテナを繋げると映像が映し出されるのです。そのためアンテナを設置するには室外のみならず、ケーブルを通すような工事を行う必要があります。工事を行う際にはプロにお願いすることが望ましいでしょう。

アンテナ以外の方法

地域によっては、電波を受信することが困難なケースがあります。そういった場合に用いられる方法が、ケーブルテレビといったものです。電波が届かないため、ケーブルにて映像を映し出すことが可能となるのです。ケーブルテレビを導入するとなると毎月のお金がかかってしまうものなので、一般的にはアンテナで電波を受信することとなります。

工事は業者に頼むのが◎

地デジアンテナ工事は自分行うことも可能ですが、電波などの専門的な知識を要することがあります。テレビが正常に映らないといったトラブルが発生することもあるのです。さらに屋外の作業は高所であるため危険が伴うということと、ケーブルを室外から家の中に渡す必要がある為きちんとした処理を行う必要があるのです。自分で行うことが困難な場合も多くあると思いますので、業者に頼むことが最も確実となります。

【PR】
地デジアンテナ工事優良業者大公開!
条件にあったところが見つかる!【PR】
テレビアンテナの取り付け!
専門業者だと早い☆高品質なサービスに注目。アンテナ工事は専門業者にお任せ!
外から見えない製品を提供中!

アンテナを選ぶ必要がある

住んでる地域によって、アンテナを選ぶ必要があることを知っていますか?また、家の状況によって最適となるアンテナもあるので、購入する際には充分に検討する必要があるでしょう。

アンテナの種類について

八木式のアンテナ

一般的に良くみられるアンテナが、「八木式」と呼ばれるものです。この八木式のアンテナとは棒状のものとなります。この八木式のアンテナは様々な種類が存在しているため、自分の家の状況に合ったアンテナを選ぶと良いでしょう。アンテナを高いところに設置する事で、より正確に電波をキャッチすることができます。

平面のアンテナ

近年登場したアンテナとして平面のアンテナがあります。薄いプレート状のアンテナとなっており、なんといっても建物のイメージを壊さない見た目が好まれています。八木式のアンテナが設置できないような家にも設置することが出来るでしょう。

室内に置くアンテナ

アンテナには室内に置くようなタイプも存在しています。ただ、室内に置いているため電波の受信が安定していないことがあります。地域によっては室内型のアンテナでは全く受信することが出来ないというケースもあるのです。しかし、工事を行う必要がないことや壊れる心配が少ない事から、気軽さが非常に魅力的と言えます。室内のアンテナが使えるかどうかを検討して、購入を考えると良いでしょう。

CSのアンテナ

CSのチャンネルを受信するためのアンテナです。CS放送は専用のアンテナが必要となってくるのです。この際のアンテナとは、パラボラアンテナと呼ばれる形状となり、丸い形をしていることが特徴的です。このパラボラアンテナを設置するのに向いている方角もあるので、良く検討しましょう。

BSのアンテナ

BSのアンテナもCSのチャンネルを見る時と同様に、専用のパラボラアンテナが必要となります。BSの正式名称はブロードキャストサテライトであり、CSとは衛星が異なっているのです。しかし衛星が存在している方角が同一であるため、アンテナも両方に対応しているものを選ぶことで、一つのアンテナでCSとBSのチャンネルのどちらも観ることができるのです。

テレビアンテナに関する口コミ情報

室内アンテナでも大丈夫だった

僕の家は電波塔の近くにあるおかげか、室内アンテナでもテレビを観る事が出来ます!室内アンテナは不安定だって聞きますが、状況によっては問題ないようですよ。

平面のタイプが便利

我が家は屋根に太陽光パネルを設置しているので、アンテナを設置するスペースが確保しずらかったのです。太陽光パネルを傷つけるようなことも不安でしたし。そこで平面タイプのアンテナを設置しましたら、とてもよかったんです。見た目もスッキリしてるし、場所を取りません。

自分で取り付けたら…

アンテナを自分で設置したら、費用をおさえられますよね。だから自分で設置してみたんです。でも家に穴をあけたせいで、雨漏りが発生しました。大失敗です。工事費をケチるんじゃなかった…

アンテナが上手く受信されなくなったので

テレビの映りが悪くなってきて、テレビの故障かな?と思っていたのですが、友人から、アンテナじゃない?と言われてハッとしました。アンテナの向きをちょっと調子してみたら、見事に映りが改善。こんな知識ぐらい最初から知っておかないとダメですよね…

性能が高いアンテナにした

私の住んでいる地域は、電波がそんなに強くない地域です。前の家から引越しをした時にアンテナを持ってきたのですが、やっぱりアンテナが上手く電波をキャッチしてくれなかったのです。それで、より電波を受信する性能が高いタイプのアンテナにすると、良くなりましたよ。アンテナも地域によって選ぶ必要があるんですね。